« ダイキン、エアコンの技で挑むマイクロ水力発電 | トップページ | 重症熱中症患者を救う新冷却法 »

2015年8月20日 (木)

「日本でなきゃダメ」 米国発技術で産業ロボに革新

2015/8/19 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 米国で磨き上げた技術を武器に、
日本で産業用ロボットの革新を目指す
ベンチャーがMUJIN(東京・文京)だ。
 
 CTO(最高技術責任者)の
デアンコウ・ロセン氏は、
米カーネギーメロン大学で技術を開発し、
事業を立ち上げるために日本の地を踏んだ。
 
 従来、ロボットを動かすための初期設定
には膨大な手間がかかったが、同社の
「MUJINコントローラ」を使えば、
多数の関節を組み合わせた複雑な動作を
自動で作り出せる。
 
■米国は産業用ロボットに抵抗感
---------------------------------------
 
 そうなんですか?
 なるほどね~
 
>労働人口が減り、工場の海外移転による
>空洞化の問題がある日本で最もニーズが
>高いと考えたからだ。
 
 良くわからないけれど、そうかも
知れません。
 
 上手く行けば目の付け所が良かったと
言うことになりますね。

|

« ダイキン、エアコンの技で挑むマイクロ水力発電 | トップページ | 重症熱中症患者を救う新冷却法 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62120346

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本でなきゃダメ」 米国発技術で産業ロボに革新:

« ダイキン、エアコンの技で挑むマイクロ水力発電 | トップページ | 重症熱中症患者を救う新冷却法 »