« 「日本でなきゃダメ」 米国発技術で産業ロボに革新 | トップページ | 「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」 »

2015年8月20日 (木)

重症熱中症患者を救う新冷却法

2015/8/11 日経メディカル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 「従来の冷却法で下がらなかった
重症熱中症患者の体温が、治療開始後30分
で37℃台まで速やかに低下した。
 
 これまで助からなかったケースでも、
救命できる可能性があるのではないかと
感じている」─―。
 
 国立病院機構災害医療センター救命救急
センター長の小井土雄一氏は、重症熱中症
の治療に血管内冷却カテーテルシステム
「サーモガードシステム」
(旭化成ゾールメディカル、写真1)を
使用した印象を、こう語る。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 今年は特に熱中症で死亡という記事が
多かったですね。
 
 こういう新しい治療法に期待します。

|

« 「日本でなきゃダメ」 米国発技術で産業ロボに革新 | トップページ | 「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62120378

この記事へのトラックバック一覧です: 重症熱中症患者を救う新冷却法:

« 「日本でなきゃダメ」 米国発技術で産業ロボに革新 | トップページ | 「光で細胞内カルシウムシグナルを自在に操る技術を開発」 »