« iPSストック、提供開始=日本人17%に使用可能-京大 | トップページ | 百寿者の秘訣:健康寿命を延ばす二つの要因を発見 »

2015年8月 8日 (土)

遺伝子治療による劇的な視力回復、脳も徐々に改善していく

失明していた人で確認、
「レーバー先天性黒内障」の治療で
2015年8月5日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 2007年以降、遺伝子治療を利用した
臨床試験で、失明の危機にあった人の
劇的な視力回復がもたらされている。
 
 このたび、遺伝子治療による
視力回復後、脳でも改善が進むと
分かった。
 
 遺伝子治療の対象となっている病気は
「レーバー先天性黒内障」。
 
 子どもの頃に遺伝性の視力障害が
起こり、網膜が次第に劣化して人生半ば
には失明に至る稀な病気だ。
---------------------------------------
 
 素晴らしい結果のようです。
 
>研究グループはより大規模な
>第3相臨床試験を行っている。
 
 良い結果が出て、広く適用出来るように
なると良いですね。
 
 期待したい。

|

« iPSストック、提供開始=日本人17%に使用可能-京大 | トップページ | 百寿者の秘訣:健康寿命を延ばす二つの要因を発見 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62041250

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子治療による劇的な視力回復、脳も徐々に改善していく:

« iPSストック、提供開始=日本人17%に使用可能-京大 | トップページ | 百寿者の秘訣:健康寿命を延ばす二つの要因を発見 »