« 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」 | トップページ | がん治療にウイルス活用 臨床試験、新段階へ 狙った細胞だけ破壊 »

2015年8月 1日 (土)

期待が高まる免疫チェックポイント阻害薬

2015年7月27日 MTPro
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がん免疫療法は,手術,抗がん薬,
放射線に次ぐ第4のがん治療として
期待されたが,これまで目立った成功は
納めていない。
 
 ところが,T細胞表面にある
受容体CTLA-4やPD-1ががん細胞を攻撃する
T細胞の働きを切るスイッチ
(免疫チェックポイント)の役割を果たす
ことが分かり,阻害薬の開発が一気に
進んだ。
 
 7月16~18日に開催された
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会では
抗CTLA-4抗体イピリムマブ,
抗PD-1抗体のニボルマブやpembrolizumab
をはじめとする
免疫チェックポイント阻害薬に関連して
多くの発表が行われた。
 
 ESMO/JSMO Joint Symposiumから
国立がん研究センター中央病院先端医療科
の北野滋久氏の講演を紹介する。
---------------------------------------
 
 ご存じだと思います。
 
 免疫チェックポイント阻害薬
確実に「ブロックバスター」になります。
 
 見守って行きたい。
 
 日本ではこれですね。
 2014年7月20日

|

« 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」 | トップページ | がん治療にウイルス活用 臨床試験、新段階へ 狙った細胞だけ破壊 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61996982

この記事へのトラックバック一覧です: 期待が高まる免疫チェックポイント阻害薬:

« 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」 | トップページ | がん治療にウイルス活用 臨床試験、新段階へ 狙った細胞だけ破壊 »