« ヒトの細胞間相互作用ネットワークの概要を可視化-多細胞生物を構成する細胞の相互作用を体系的に記述- | トップページ | 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと »

2015年8月31日 (月)

細胞培養用の重力制御装置を開発―世界唯一の装置をNASAに設置へ―

2015年8月28日
新エネルギー・産業技術総合開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
概要
 
 iPS細胞などの多能性幹細胞を用いた
再生医療は、ヒトの細胞や組織を用いた
治療方法であり、今までは治療困難だった
疾患の新たな治療法となり得るものです。
 
 しかし、ヒト幹細胞を産業利用に
つなげるためには、細胞の効率的な
確保方法や品質を維持・管理し培養する
方法の確立などの課題があります。
 
 そこでNEDOプロジェクト※1では、
品質の管理されたヒト幹細胞の安定的な
大量供給を可能とする基盤技術の開発を
行いました。
 
 具体的には、本プロジェクトにおいて、
株式会社スペース・バイオ・ラボラトリーズ
は、株式会社ツーセルや広島大学と共に、
特に関節を包む膜である滑膜中に存在する
間葉系幹細胞※2に注目し、
分化能・未分化性※3・安全性を維持して
いる細胞を安定的に大量(10の12乗個以上)
に供給・保存する基盤技術の研究開発を
実施しました。
 
 また、微小重力下での細胞培養法
についての検討も行い、その結果をもとに、
重力制御装置「Gravite」を開発しました。
 
 本装置を用いた細胞培養法は、
従来の細胞培養法に比べて分化を抑制する
効果や増殖を早める効果が確認されて
います。
 
 今般、スペース・バイオ・ラボラトリーズ
は、本装置に独自の改良を加え、
宇宙ステーションと同じ0.01Gの
微小重力環境をつくるだけでなく、
2Gや3G等の過重力環境を作り出すこと
ができる世界唯一の装置を開発し、
NASAケネディー宇宙センターに新設された
微小重力シミュレーターセンター※4に
設置されることとなりました。
 
 今後、微小重力シミュレーターセンター
において、「宇宙における微小重力と
地上での模擬微小重力環境を比較し、
どのような研究が宇宙実験で有用なのか、
またその成果を人類の科学と
イノベーションにどのように活用できるか」
を探索する研究と開発に本装置の活用が
見込まれます。
 
 また、NASAが公認した模擬微小重力装置
として、2015年10月から、主に研究用途
として世界で販売を展開する予定です。
---------------------------------------
 
>宇宙ステーションと同じ0.01Gの
>模擬微小重力環境を実現する
>だけでなく、単軸回転による遠心力を
>利用して2~3Gの過重力環境も
>作ることが可能となりました。
 
 面白い装置だと思います。
 
 上手く販売展開出来ると良いですね。。

|

« ヒトの細胞間相互作用ネットワークの概要を可視化-多細胞生物を構成する細胞の相互作用を体系的に記述- | トップページ | 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62190458

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞培養用の重力制御装置を開発―世界唯一の装置をNASAに設置へ―:

« ヒトの細胞間相互作用ネットワークの概要を可視化-多細胞生物を構成する細胞の相互作用を体系的に記述- | トップページ | 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと »