« 細胞培養用の重力制御装置を開発―世界唯一の装置をNASAに設置へ― | トップページ | 光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明~体内や環境中のイオン濃度を制御するツール開発に期待~ »

2015年8月31日 (月)

脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと

2015年08月25日
Aloha Spirit = Give n Give
 
 ご参考情報です。
 
 7月以降に最終のP3臨床試験結果が
発表されることになっているそうです。
 
 ヒルトニン、セレジストと同等成分の
医薬品です。
 
 どの程度効果があるのかについては
良くわかりません。
 
 私はあまり期待していませんが、
根治治療法が無い現在、
対処療法薬として一応治験も通り、
販売されるのですからそれなりの
効果はあるのでしょう。
 
 この程度の薬にこんなにも時間が
かかるとは、やりきれませんね。

|

« 細胞培養用の重力制御装置を開発―世界唯一の装置をNASAに設置へ― | トップページ | 光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明~体内や環境中のイオン濃度を制御するツール開発に期待~ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

効けば良いなという希望はありますが、おそらく大したものではないのでしょうね…。
明確な効果があるのならもっと急がれているでしょうし。
どうせなら新機軸の薬を開発する事にリソースを使ってほしいです。
でもKPS-0373にもほんのちょっとは期待しているので続報を楽しみにしております(笑)。

投稿: とおりすがり | 2015年9月 2日 (水) 18時59分

コメントありがとうございます。
 
効果のある人には限られた期間ではありますが、
有効であることには違いがないので否定はしませんが、

>どうせなら新機軸の薬を開発する事にリソースを使ってほしいです。
同感です。

多分、難しいので、新薬の開発(根治治療薬)はハイリスク、
よってなかなか手が出せない。
というのが現実なのかな?

大學の研究成果がそのまま企業の治験までは行かないようで、
なかなか難しい。

投稿: haredasu | 2015年9月 3日 (木) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/62190544

この記事へのトラックバック一覧です: 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373のこと:

« 細胞培養用の重力制御装置を開発―世界唯一の装置をNASAに設置へ― | トップページ | 光でナトリウムイオンを輸送するタンパク質の謎を解明~体内や環境中のイオン濃度を制御するツール開発に期待~ »