« 保健室、消える消毒液 流水で洗う処置が主流に 外科医「傷の治り悪くする」 | トップページ | 「 飢餓により誘導されるオートファジーに伴う“細胞内”アミロイドの増加を発見 」 »

2015年7月15日 (水)

手術中、スプレーで特殊な試薬吹き掛け 乳がん細胞を可視化

2015/7/15 大分合同新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 乳がんと疑われる場所にスプレー型の
特殊な試薬を吹き掛けて、がん細胞を
光らせて可視化することに九州大学病院
別府病院(別府市、三森功士院長)、
うえお乳腺外科(大分市、上尾裕昭院長)
などの研究チームが世界で初めて
成功した。
 
 13日付の英科学誌電子版
「サイエンティフィック リポート」に
掲載される。
 
 実用化されれば、手術での微小がんの
取り残しなどを防げるため再発の
リスク軽減が期待されている。
 
 実用化されれば、短時間で反応を確認
できるため手術時間短縮の他、微小がんの
見落としや取り残しを防ぎ、再発の
リスクを減らすことにつながる。
 
 上尾裕紀医師は「さまざまなタンパク質
に反応する試薬の開発が進んでいる。
 
 今後は乳がんだけでなく、他臓器のがん
への応用も期待できる」と話した。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>2~3年での実用化を目指したい
 とのことですので、
 
 おおいに期待したい。
 
 関連リンクです。
平成27年7月13日
東京大学
科学技術振興機構(JST)
九州大学
 このことですね。
 
 以前の投稿に、
2015年3月17日
 というのがありました。

|

« 保健室、消える消毒液 流水で洗う処置が主流に 外科医「傷の治り悪くする」 | トップページ | 「 飢餓により誘導されるオートファジーに伴う“細胞内”アミロイドの増加を発見 」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61890384

この記事へのトラックバック一覧です: 手術中、スプレーで特殊な試薬吹き掛け 乳がん細胞を可視化:

« 保健室、消える消毒液 流水で洗う処置が主流に 外科医「傷の治り悪くする」 | トップページ | 「 飢餓により誘導されるオートファジーに伴う“細胞内”アミロイドの増加を発見 」 »