« たった15秒見つめるだけで、2色写真がフルカラー化!? 驚愕の錯視画像!! | トップページ | 新たなコバルト触媒で水しか出さずに有用分子を合成 »

2015年7月 7日 (火)

細胞につく抗体、大量に作る技術 愛媛大が開発

2015/7/5 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 愛媛大学の竹田浩之助教らは、細胞の
表面にある「Gたんぱく質共役型受容体
(GPCR)」にくっつく抗体を大量に
作る技術を開発した。
 
 GPCRは外部からの刺激を細胞の内部
に伝えるセンサー役の働きをしており、
 医薬品開発の標的として注目されている。 
 
 抗体医薬の開発コストと期間を大幅に
短縮できるとみている。
---------------------------------------
 
>抗体医薬の開発コストと期間を大幅に
>短縮できる
 素晴らしいことです。
 
 おおいに期待したい。
 
 うまく産学連携が出来ると良いのですが、
日本の場合、上手く行っていないですよね。
 
 開発は日本発、でも、製品は海外という
のが多すぎる。

|

« たった15秒見つめるだけで、2色写真がフルカラー化!? 驚愕の錯視画像!! | トップページ | 新たなコバルト触媒で水しか出さずに有用分子を合成 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61849798

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞につく抗体、大量に作る技術 愛媛大が開発:

« たった15秒見つめるだけで、2色写真がフルカラー化!? 驚愕の錯視画像!! | トップページ | 新たなコバルト触媒で水しか出さずに有用分子を合成 »