« 抜け道ありの同一労働同一賃金で企業の対応が問われる | トップページ | 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」 »

2015年7月31日 (金)

iPS細胞:がん化識別し除去 立命館大機構が抗体作製

2015年07月28日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 立命館大総合科学技術研究機構は28日、
がん化する恐れのある未分化のヒトの
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を識別し、
除去する抗体を作製したと発表した。
 
 これまでiPS細胞から分化させて
新たな細胞を作る際、未分化のiPS細胞
が残ることが課題だった。
 
 効率良く除去する方法が確立されれば、
将来の安全な移植治療などにつながる
という。
---------------------------------------
 
 未分化のiPS細胞を除去する方法
っていろいろ出てきますね。
 いったいどの方法が一番良いのかな?
 一長一短?
 
 情報元です。
 立命館大学
 
 こんなニュースもありました。
 朝日新聞デジタル
 
 がん化の恐れはあらゆる方法を使って
取り除いて貰いたい。

|

« 抜け道ありの同一労働同一賃金で企業の対応が問われる | トップページ | 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61990888

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞:がん化識別し除去 立命館大機構が抗体作製:

« 抜け道ありの同一労働同一賃金で企業の対応が問われる | トップページ | 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」 »