« 混ざり合わないポリマーを完全に混ぜる手法を開発~プラスチックの持つ機能を飛躍的に向上~ | トップページ | 尿1滴でがん診断、「線虫」の嗅覚で実現 »

2015年7月19日 (日)

世界初、エタノールを生成する人工光合成の開発に成功

2015年07月13日 ascii.jp
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪市立大学は7月8日、マツダとの
共同研究で太陽光を利用して酢酸から
エタノールを生成することに成功したと
発表した。
 
 さまざまな大学や企業の研究機関で
進められているが、これまでメタノール
(炭素数1)を作り出す反応は発見されて
いたものの、エタノール(炭素数2)の
合成は世界初となる。
 
 大阪市立大学 複合先端研究機構
人工光合成研究センターが今回開発した
人工光合成系は、光合成色素誘導体や
人工補助酵素などを利用するもので、
人工光合成系に太陽光を150分間当てると
酢酸の約5%がエタノールに変換される。
---------------------------------------
 
 人工光合成、いろいろな所で研究されて
いますが、なかなか画期的な進展が無い
ですね。一歩、一歩です。
 
 進んではいますので、期待して
待ちたいと思います。頑張れ!
 
 大阪市立大学へのリンクです。
大阪市立大学

|

« 混ざり合わないポリマーを完全に混ぜる手法を開発~プラスチックの持つ機能を飛躍的に向上~ | トップページ | 尿1滴でがん診断、「線虫」の嗅覚で実現 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61913114

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初、エタノールを生成する人工光合成の開発に成功:

« 混ざり合わないポリマーを完全に混ぜる手法を開発~プラスチックの持つ機能を飛躍的に向上~ | トップページ | 尿1滴でがん診断、「線虫」の嗅覚で実現 »