« 室温以上でスキルミオンを生成する新物質を発見-超省電力型の情報処理デバイスへの応用に向けて大きく前進- | トップページ | 重合化するタンパク質に作用する化合物の新たな評価方法の開発に成功-神経変性疾患の新規治療薬を発見する手法としても期待- »

2015年7月14日 (火)

がん診断 血液1滴、3分で 神戸の企業共同開発

2015/6/17 神戸新聞 NEXT
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 血液中のがんに関連する物質が放つ光を
とらえ、がんの有無を診断する手法を、
神戸市中央区の医療機器会社
「マイテック」と昭和大学江東豊洲病院
(東京都)などのグループが世界で初めて
開発した。
 
 わずか1滴の血液を使い、3分以内で
診断できるという手軽さが最大の特徴で、
1年以内の臨床応用を目指している。
(金井恒幸)
 
 今回は膵(すい)臓がんと胃がん、
大腸がんの3種類で発光を確認。
 
 ヌクレオソームは血液以外の体液にも
含まれることから、マイテック技術担当
の長谷川裕起さん(28)は
「たんや尿から、肺がんやぼうこうがんの
有無を判断する研究も進めたい。
 
 人工多能性幹細胞(iPS細胞)が
がん化していないかどうかの検査にも
活用できるようにしたい」と話す。
 
 研究成果の一部は、
英科学誌サイエンティフィック・リポーツ
電子版に掲載された。
---------------------------------------
 
 素晴らしいです。
 血液1滴でがん診断というニュースは
いろいろ出てきていますが、今日、朝の
テレビ番組で紹介されていたものです。
 
 「マイテック」は家内企業で、
良く続けたと思う。親父も、息子も偉い!
 
 昭和大学江東豊洲病院が手をさしのべて
くれなかったら、今は無かったと言って
いましたが、運命の糸とはこんなものなの
でしょう。
 
>1年以内の臨床応用を目指している。
 とのことで、順調にいって欲しい
 
 安価で広く適用出来そうで、
素晴らしい。
 
 おおいに期待しています。

|

« 室温以上でスキルミオンを生成する新物質を発見-超省電力型の情報処理デバイスへの応用に向けて大きく前進- | トップページ | 重合化するタンパク質に作用する化合物の新たな評価方法の開発に成功-神経変性疾患の新規治療薬を発見する手法としても期待- »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61886016

この記事へのトラックバック一覧です: がん診断 血液1滴、3分で 神戸の企業共同開発:

« 室温以上でスキルミオンを生成する新物質を発見-超省電力型の情報処理デバイスへの応用に向けて大きく前進- | トップページ | 重合化するタンパク質に作用する化合物の新たな評価方法の開発に成功-神経変性疾患の新規治療薬を発見する手法としても期待- »