« iPS細胞:がん化識別し除去 立命館大機構が抗体作製 | トップページ | 期待が高まる免疫チェックポイント阻害薬 »

2015年7月31日 (金)

8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」

2015年7月30日
中区・西区版タウンニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がんの3大治療法と言われる外科手術、
化学療法、放射線療法。
 
 これらに続く新たな治療法として、
今「フュージョン細胞」を使った
がん免疫治療が注目を集めている。
 
 その免疫治療に関する講演会、
「『世界レベルで進むがん研究、
進化するがん免疫治療』
~フュージョン細胞はがん治療を変える~」
が8月8日(土)、
TKP横浜ランドマークタワー25階で
開催される。
---------------------------------------
 
 がん免疫療法いろいろありますね。
 
>世界屈指のがん研究拠点、
>ハーバード大学ダナ・ファーバー
>がん研究所で開発された
>フュージョン細胞。
>患者自身のがん細胞と樹状細胞を
>融合したもので、がんを特異的に
>攻撃する最前線の治療法だ。
 だそうです。
 
 樹状細胞を利用したもののよう
ですね。
 
 多分、一長一短で、これ一つ
というのは無いのだと思います。
 
 がん免疫療法には期待していますが
いろいろありますので、一長一短を
知って、最良の治療法を選択したい。

|

« iPS細胞:がん化識別し除去 立命館大機構が抗体作製 | トップページ | 期待が高まる免疫チェックポイント阻害薬 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61990966

この記事へのトラックバック一覧です: 8月8日、横浜がん対策講演会 「自分の細胞でがんを倒す」:

« iPS細胞:がん化識別し除去 立命館大機構が抗体作製 | トップページ | 期待が高まる免疫チェックポイント阻害薬 »