« 水をくんで調べれば、生息する魚の種類が分かる新技術を開発 | トップページ | アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電 »

2015年7月23日 (木)

三菱電機、走りながらトンネル劣化を3次元計測

2015/7/22 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 三菱電機は、車両を走行しながら道路や
鉄道などの社会インフラの劣化状況を
3次元計測して解析するシステム
「三菱インフラモニタリングシステム
(MMSD)」を開発した。
 
 2015年10月から鉄道向けに、
2016年10月からトンネル
(鉄道/道路双方)向けにサービス提供を
開始する予定である。
---------------------------------------
 
 走行しながら計測出来るというのは
良いですね。
 
 どの位の精度で測定出来るのかな?
 
 トンネルのゆがみだとか、ひび割れ
とかは判定出来ると思いますが、
 
 以前発生した、トンネル天井版の落下
事故の可能性の判定は難しいのでは?
 
 トンネル自体のゆがみとは別の話し
なのだから、
 
 とにかく、効率的なトンネル劣化の
測定が出来るというのは良いと思うので
是非、活用して安全を担保して貰いたい。

|

« 水をくんで調べれば、生息する魚の種類が分かる新技術を開発 | トップページ | アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61942027

この記事へのトラックバック一覧です: 三菱電機、走りながらトンネル劣化を3次元計測 :

« 水をくんで調べれば、生息する魚の種類が分かる新技術を開発 | トップページ | アンモニアを直接燃料とした燃料電池による発電 »