« 「ミトコンドリア」に知られていなかった役割が判明、幹細胞から卵を作る | トップページ | 進行性の悪性黒色腫(メラノーマ)に全く新しいタイプの免疫療法薬、2本の腕を持つ「IMCgp100」 »

2015年7月 5日 (日)

脊髄損傷に革新の再生技術を実現か、京都大学が報告

機能しない瘢痕(はんこん)になっても
神経細胞を定着に導く
2015年7月4日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 脊髄損傷は時間が経つほどに、
再生させるのは難しくなると分かっている。 
 機能しないケロイドのような瘢痕
(はんこん)になる変化のために、
神経細胞が定着しないからだ。
 
 このたび京都大学が、新しい発想の
神経細胞の移植で再生につなぐことに
成功した。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 関連記事です。
2015年6月21日
 
 この内容のことを言っているよう
です。
 
 脊髄損傷の有効な治療まで行くと
良いですね。
 
 期待したい。

|

« 「ミトコンドリア」に知られていなかった役割が判明、幹細胞から卵を作る | トップページ | 進行性の悪性黒色腫(メラノーマ)に全く新しいタイプの免疫療法薬、2本の腕を持つ「IMCgp100」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61839931

この記事へのトラックバック一覧です: 脊髄損傷に革新の再生技術を実現か、京都大学が報告:

« 「ミトコンドリア」に知られていなかった役割が判明、幹細胞から卵を作る | トップページ | 進行性の悪性黒色腫(メラノーマ)に全く新しいタイプの免疫療法薬、2本の腕を持つ「IMCgp100」 »