« インターフェロンβ1aに副作用追記 | トップページ | シロアリ腸内の原生生物の表面共生細菌がリグノセルロース分解に寄与 »

2015年7月11日 (土)

「動物実験は不要になる!」マイクロチップ型人工臓器が、製薬業界に革命を起こす!?

2015.07.07 ガジェット通信
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 2015年6月、ロンドンの
デザインミュージアムが
「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に
選出したのは、医療用デバイスである
マイクロチップ型の「人工臓器」だった。
 
 ハーバード大学ワイス研究所が開発した
チップは、人間の生きた細胞の組織構造を
真似て、理論上全ての臓器の機能を再現
することができる。
 
 これを使えば、医薬品のテストや、
成分の特定が素早くできる上に、
製造コストが飛躍的に下がると言われて
いる。
 
 01.動物実験よりもコストが安く精度が
高い
 02.チップを連結させて人体を再現
できる
 03.個人に合わせた薬品づくりが可能に
---------------------------------------
 
 どうなんでしょう?
 そのまま信じて良いのかな?
 
 見守るしかないですね。
 実績が証明するはず。
 
 期待しましょう。

|

« インターフェロンβ1aに副作用追記 | トップページ | シロアリ腸内の原生生物の表面共生細菌がリグノセルロース分解に寄与 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61871003

この記事へのトラックバック一覧です: 「動物実験は不要になる!」マイクロチップ型人工臓器が、製薬業界に革命を起こす!?:

« インターフェロンβ1aに副作用追記 | トップページ | シロアリ腸内の原生生物の表面共生細菌がリグノセルロース分解に寄与 »