« 人の細胞の掃除役「リソソーム」、意外にもアルツハイマー病の片棒担ぐ? | トップページ | 喘息を抑える新しいメカニズムの発見 »

2015年7月28日 (火)

HIVウイルスを体内から除く画期的な治療法、「キメラ抗原受容体」が感染した細胞を殺す

動物実験で85%以上のウイルスを除去
2015年7月23日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 「キメラ抗原受容体」と呼ばれる
ウイルス攻撃のためのタンパク質を
利用した治療が、人間の体内からHIVを
除くために有効である可能性が出てきた。
 
 米カリフォルニア大学ロサンゼルス校
ブロード幹細胞研究センターの
研究グループが、分子生物学の専門誌
であるモレキュラー・セラピー誌において
2015年6月8日に報告している。
 
 研究グループは、骨髄移植で使われる
血液のもとになる「造血幹細胞」を
利用した治療を開発した。
 
 この造血幹細胞から、遺伝子を改変した
T細胞を作らせる治療法となる。
 
 造血幹細胞からは、T細胞を含む
あらゆる種類の血液細胞ができてくる。
---------------------------------------
 
>造血幹細胞から、遺伝子を改変した
>T細胞を作らせる治療法
 凄い方法ですね。
 
 免疫の力をうまく利用する方法
おおいに期待したい。
 

|

« 人の細胞の掃除役「リソソーム」、意外にもアルツハイマー病の片棒担ぐ? | トップページ | 喘息を抑える新しいメカニズムの発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61973146

この記事へのトラックバック一覧です: HIVウイルスを体内から除く画期的な治療法、「キメラ抗原受容体」が感染した細胞を殺す:

« 人の細胞の掃除役「リソソーム」、意外にもアルツハイマー病の片棒担ぐ? | トップページ | 喘息を抑える新しいメカニズムの発見 »