« 体内微小物質、大腸がん抑制 阪大などマウスで確認 | トップページ | 硬さと割れにくさ両立したセラミックス実現に道―わずかな亀裂進展で靭性が急激に増すことを発見― »

2015年6月17日 (水)

マラリア防ぐ仕組み解明 群馬大グループ

2015年5月20日 東京新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 体内に侵入したウイルスなどを攻撃する
「キラーT細胞」がマラリアの感染を防ぐ
仕組みが、群馬大大学院の久枝一教授らの
グループの研究で分かった。
 
 マウスによる実験の成果で、ワクチンの
開発に応用が期待できるという。
 
 マラリアは、ハマダラカがマラリア原虫
を媒介する感染症で、乳幼児を中心に世界
で年間約六十万人が死亡している。
 
 予防・治療薬はあるが、有効なワクチン
はない。
 
 久枝教授は「従来は原虫の細胞表面に
ある物質を抗原とするワクチン開発が
進められてきたが、表面は変化しやすく
開発の妨げになっていた。
 
 キラーT細胞を活性化するワクチンは
変化のない細胞内物質を抗原とすれば
よく、画期的な戦略が期待できる」と
話している。
---------------------------------------
 
 少しずつ理解は進んで来たようですが、
まだまだ、免疫の世界は良くわからない
ことの方がおおい。
 
 思わぬ所にキラーT細胞が出てきますね。 
 キラーT細胞を利用出来るというのは
朗報です。
 
 免疫療法は、なんと言っても副作用が
少ない。
 
 関連投稿です。
 
 この方法は良さそうです。
 
 免疫療法に期待しています。

|

« 体内微小物質、大腸がん抑制 阪大などマウスで確認 | トップページ | 硬さと割れにくさ両立したセラミックス実現に道―わずかな亀裂進展で靭性が急激に増すことを発見― »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61754871

この記事へのトラックバック一覧です: マラリア防ぐ仕組み解明 群馬大グループ:

« 体内微小物質、大腸がん抑制 阪大などマウスで確認 | トップページ | 硬さと割れにくさ両立したセラミックス実現に道―わずかな亀裂進展で靭性が急激に増すことを発見― »