« ウイルスがクラゲのタンパク質で大腸がんの細胞を光らせた | トップページ | 体長1センチの新種カエル、7種を発見 »

2015年6月29日 (月)

探査機が間もなく冥王星へ、太陽系外縁の解明進むか

2015年6月28日 日本経済新聞
National Geographic
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 私たちは冥王星があることは知って
いても、その実態について、現時点では
ほとんど何も知らない。
 
 だが、2015年7月14日にはこうした現状
が一変する。
 
 NASAの無人探査機ニューホライズンズが
約50億キロの旅を経て、この極寒の準惑星
からわずか1万2500キロの距離にまで接近
するのだ。
 
 いったい何が観測できるのか。
 
 唯一確実に言えるのは、冥王星が
間違いなく人々を驚嘆させるという
ことだ。
 
 「私たちがこれまで思い描いてきた
冥王星のイメージは、煙のように消えて
しまうでしょう」。
 
 ニューホライズンズ計画の主任研究員
アラン・スターンはそう語る。
---------------------------------------
 
 凄いですね。
 冥王星、どんな星なのかな?
 
 好奇心を失ってはいけません。
 内向きではいけません。
 外向きで行きましょう。
 
 未知の世界は限りなく広い。
 
 好奇心を持って新しい世界に目を
向けて欲しい。
 
 未知の世界に「わくわく」出来る人は
幸せな人だと思う。

|

« ウイルスがクラゲのタンパク質で大腸がんの細胞を光らせた | トップページ | 体長1センチの新種カエル、7種を発見 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61811353

この記事へのトラックバック一覧です: 探査機が間もなく冥王星へ、太陽系外縁の解明進むか:

« ウイルスがクラゲのタンパク質で大腸がんの細胞を光らせた | トップページ | 体長1センチの新種カエル、7種を発見 »