« 1型糖尿病を治せる可能性が浮上、大阪大学発見の「Tレグ」が防ぐ | トップページ | 血液1滴でがん早期診断、「パンドラの箱」が開く »

2015年6月 2日 (火)

米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅

2015.05.29 news-postseven
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 米ジョンズ・ホプキンス大学
キンメルがんセンターの研究チームが、
新しい治療法の効果について
驚くべき発表を行なった。
 
 研究チームは、それまでの治療法では
手の施しようがないタイプの乳がんに
冒され、すでに他部位にも転移している
患者21人に新薬を投与した。
 
 その結果、4分の1以上の患者に効果が
あり、そのうち2人はがん細胞が縮小、
2人は検査でがん細胞が検出されない
「寛解」と呼ばれる状態になったという。
 
 従来の医学ではなす術がなかった
末期がん患者のがん細胞が“消滅”した。
 
 その発表は多くの研究者に衝撃を
与えた。
 
 この新薬は
「免疫チェックポイント阻害薬」と
呼ばれる。
---------------------------------------
 
 「免疫チェックポイント阻害薬」
有効そうです。
 
 まさにブロックバスター
 
 注目ですね。

|

« 1型糖尿病を治せる可能性が浮上、大阪大学発見の「Tレグ」が防ぐ | トップページ | 血液1滴でがん早期診断、「パンドラの箱」が開く »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61683869

この記事へのトラックバック一覧です: 米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅:

« 1型糖尿病を治せる可能性が浮上、大阪大学発見の「Tレグ」が防ぐ | トップページ | 血液1滴でがん早期診断、「パンドラの箱」が開く »