« 血液のもと「造血幹細胞」、老化せずに再生する仕組みを解明、長寿遺伝子「SIRT7」が鍵だった | トップページ | SBIファーマとリプロセル、光照射で残留iPS細胞だけ除去する技術を開発 »

2015年6月11日 (木)

世界初!低エネルギーの光を高エネルギーの光に変換し再利用可能にする“分子組織化フォトン・アップコンバージョン”技術の開発に成功!

2015/06/10 九州大学PRESS RELEASE
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学大学院工学研究院/
分子システム科学センター(CMS)の
君塚信夫主幹教授/センター長、
楊井伸浩助教らの研究グループは、
低エネルギーの光を高エネルギーの光に
変換するフォトン・アップコンバージョン
技術の実用化に必要な、高効率で、
太陽光などの弱い光でも機能する、
空気中で安定であるという 3 つの条件を
満たす分子組織体を世界で初めて開発
しました。
 
 フォトン・アップコンバージョンは、
これまで利用できなかった弱いエネルギー
の光を利用可能にする技術であり、
太陽電池や人工光合成(※1)の効率を
飛躍的に向上するといった、
再生可能エネルギー技術への応用が
期待されます。
 
 本研究成果は、2015 年 6 月 9 日
午前 10 時(英国時間)に科学誌
Nature 姉妹紙のオンラインジャーナル
『Scientific Reports』で
公開されました。
---------------------------------------
 
 フォトン・アップコンバージョン
期待したくなる技術ですね。
 
>学術的のみならず産業的にも大きな
>波及効果をもたらす成果
 と言っています。
 
>太陽電池や人工光合成の効率を高める
>ための画期的な方法論になることが
>期待されます。
 
 おおいに期待したい。
 
 量子ドットも似たような特性を
持っています。
 
>光を照射すると別の色の光を発する
>波長変換機能を持つ。
 
 なのでこの技術も太陽電池の効率向上
に貢献できそうなんですが、なかなか
画期的な太陽電池の話しは出てきません
ね~

|

« 血液のもと「造血幹細胞」、老化せずに再生する仕組みを解明、長寿遺伝子「SIRT7」が鍵だった | トップページ | SBIファーマとリプロセル、光照射で残留iPS細胞だけ除去する技術を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61726545

この記事へのトラックバック一覧です: 世界初!低エネルギーの光を高エネルギーの光に変換し再利用可能にする“分子組織化フォトン・アップコンバージョン”技術の開発に成功!:

« 血液のもと「造血幹細胞」、老化せずに再生する仕組みを解明、長寿遺伝子「SIRT7」が鍵だった | トップページ | SBIファーマとリプロセル、光照射で残留iPS細胞だけ除去する技術を開発 »