« がん細胞で増殖、死滅させるウイルスを臨床試験 鹿児島大 | トップページ | 細胞の核と小胞体を分解する新しい仕組みを発見 »

2015年6月 5日 (金)

放射性抗体による小細胞肺がんの治療法の開発に期待

2015年05月28日 東大病院プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 肺がんは全てのがんで罹患率、死亡率
が最も高いがんですが、がんの成長が速く、
転移しやすい小細胞肺がんはそのうちの
約15%を占めます。
 
 特に、体の他の部分までがんが広がって
いる段階の進展型小細胞肺がんは、極めて
悪性度が高く、いまだに有効な治療法が
確立されていません。
 
 このため、進展型小細胞肺がんに有効な
治療法の開発が求められています。
 
 東京大学医学部附属病院の百瀬敏光
准教授、藤原健太郎特任助教、
同大学先端科学技術研究センターの
浜窪隆雄教授、児玉龍彦特任教授らの
研究グループは、放射性同位元素で
標識した「がん細胞にのみ結合する抗体」
を開発し、本抗体を、小細胞肺がんを
移植したマウスに投与したところ、
がん細胞を殺傷し、腫瘤を著明に縮小
させる効果があることが明らかに
しました。
 
 本抗体は、小細胞肺がんの細胞で
高く発現している膜タンパク質ROBO1を
認識する抗体(抗ROBO1 抗体)を治療用の
放射性同位元素であるイットリウム-90
(90Y)で標識することにより作製
しました(90Y 標識抗ROBO1 抗体)。
 
 同抗体を投与して、がんに集積させる
ことにより、小細胞肺がんを移植した
マウスの体内から放射線治療をする
「放射免疫療法」です。
 
 本研究成果は、将来的には進展型
小細胞肺がんの根治または余命の改善に
貢献することが期待されます。
 
 本研究の成果は、2015年5月28日
(日本時間)に米科学誌「PLOS ONE」
にて掲載されました。
 
 本研究は、総合科学技術会議により
制度設計された最先端研究開発支援
プログラムにより、日本学術振興会を
通して助成されたものです。
 
※詳細は下記の添付ファイルを
ご覧下さい。
 
---------------------------------------
 
 「放射免疫療法」だそうです。
 
 期待したいと思いますが、
イットリウム-90の入手がネックになりそう
な気もします。
 
 このような放射性同位元素は日本の原発で
製造出来るのでしょうか?
 
 そもそも原発の目的は電力を得ることです
からその為の原発が必要となるのではない
かな?
 
 他の医療に必須となる放射性同位
元素も入手出来ないといけないし、
どうなっているのかな?
 
 今後の展開に注目したいと思います。

|

« がん細胞で増殖、死滅させるウイルスを臨床試験 鹿児島大 | トップページ | 細胞の核と小胞体を分解する新しい仕組みを発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61697900

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性抗体による小細胞肺がんの治療法の開発に期待:

« がん細胞で増殖、死滅させるウイルスを臨床試験 鹿児島大 | トップページ | 細胞の核と小胞体を分解する新しい仕組みを発見 »