« 共感について | トップページ | 「舌下免疫療法」によるスギ花粉症治療 8割が改善 »

2015年6月22日 (月)

「花咲かホルモン」フロリゲン 植物ゲノム研究最前線

サイエンスポータル科学ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 季節の到来にあわせて花を咲かせる
植物ホルモン、フロリゲン。
 
 長年その正体がわかりませんでしたが、
ここ十数年で解明が進み、一年中咲くキク
を作る事もできるようになってきました。
 
 農業や園芸、バイオマスなど、様々な
応用が期待される「花咲かホルモン」
フロリゲンの研究最前線をレポート
します。
---------------------------------------
 
 なかなか興味深いです。
 
 ずいぶん分かってきました。
 
 応用はこれから、
どうなるのか、期待して待ちたいと
思います。

|

« 共感について | トップページ | 「舌下免疫療法」によるスギ花粉症治療 8割が改善 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61779757

この記事へのトラックバック一覧です: 「花咲かホルモン」フロリゲン 植物ゲノム研究最前線:

« 共感について | トップページ | 「舌下免疫療法」によるスギ花粉症治療 8割が改善 »