« 提供者の組織と自分の細胞で前足再生、米病院がラットで成功 | トップページ | エクソソームとmiRNA »

2015年6月 9日 (火)

血液を循環するがん細胞、検出し採取できる技術が登場

2015/06/08 日経デジタルヘルス
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 血液中を循環するごく微量のがん細胞
(CTC:circulating tumor cells)を
1つずつ検出でき、採取して遺伝子も解析
できる――。
 
 侵襲度の高い生体検査なしに血液でがん
を診断するリキッドバイオプシー
(liquid biopsy)の手段となる、
そうした技術を東ソーが開発した。
 
 実際にCTCを検出できることを確認済み
で、研究および臨床応用に向けた事業化を
検討していく。
 
 開発した検査チップや装置を
「第2回 個別化医療 技術展(PMEX 2015)」
(2015年5月13~15日、東京ビッグサイト)に
参考出展した。
---------------------------------------
 
 素晴らしい。
 
>生体検査なしに、適切な治療薬を選択
>したり治療効果を判定したりできる。
 
>患者に大きな負荷を与えず
>早期に治療方針を決定したり、
>がん細胞が獲得した薬剤耐性に応じて
>治療薬を変更したりするのに役立つ。
 
 高度な技術のようですね。
 
 製品化はこれからのようで、今後に
おおいに期待したい。

|

« 提供者の組織と自分の細胞で前足再生、米病院がラットで成功 | トップページ | エクソソームとmiRNA »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61717897

この記事へのトラックバック一覧です: 血液を循環するがん細胞、検出し採取できる技術が登場:

« 提供者の組織と自分の細胞で前足再生、米病院がラットで成功 | トップページ | エクソソームとmiRNA »