« Tリンバ球がストレスを解消する機構を解明 | トップページ | 探査機が間もなく冥王星へ、太陽系外縁の解明進むか »

2015年6月28日 (日)

ウイルスがクラゲのタンパク質で大腸がんの細胞を光らせた

2015年5月27日 MEDLEY
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学などの研究班が、
遺伝子組み換えしたウイルスに感染させる
ことで血液の中を流れる微量のがん細胞が
光って見える検査を開発しました。
 
 この検査によって、血液検査でがんの
遺伝子診断ができる可能性があると
されています。
 
 研究班は、循環腫瘍細胞を見分ける
ため、がん細胞の中でだけ増殖する
ウイルスを遺伝子組み換えによって作成
しました。
 
 さらにこのウイルスに、クラゲから発見
された「GFP」という蛍光物質を作る
遺伝子も組み込むことで、循環腫瘍細胞を
含む血液にウイルスを加えたときに、
循環腫瘍細胞だけが光って見分けられる
ようにしました。
 
 細胞を光学的に見分けて選別する装置
(フローサイトメーター)を使えば、
光っている循環腫瘍細胞だけを
取り出して、遺伝子解析にかけることが
できます。
 
 研究班はこの技術が「組織生検や
外科的切除に代わりうる非侵襲的な選択肢
となる」と述べています。
 
 がんの遺伝子の情報をもとに
効きやすい薬などを選ぶ効率的な治療戦略
を目指して、実際の診断への応用に期待が
かかります。
---------------------------------------
 
>研究班はこの技術が「組織生検や
>外科的切除に代わりうる非侵襲的な
>選択肢となる」と述べています
 
 素晴らしい。
 期待したい。
 
 関連投稿です。
2012年7月23日
 
 こちらは、がんの早期発見です。
 
 どちも患者の負担を軽減出来る
素晴らしい手法だと思います。

|

« Tリンバ球がストレスを解消する機構を解明 | トップページ | 探査機が間もなく冥王星へ、太陽系外縁の解明進むか »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61806904

この記事へのトラックバック一覧です: ウイルスがクラゲのタンパク質で大腸がんの細胞を光らせた:

« Tリンバ球がストレスを解消する機構を解明 | トップページ | 探査機が間もなく冥王星へ、太陽系外縁の解明進むか »