« 医療用大麻(マリファナ)研究に1億円超を大学に資金提供、カナダ企業 | トップページ | 新しい細胞移植法によって、聴神経の機能再生に成功 »

2015年6月21日 (日)

骨移植に革命を起こす"美しき天才"の挑戦

2015年06月19日 東洋経済online
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 「体から骨を切り取るような現状を打破
したい。
 
 肉体に関する概念を変えたい」。
 
 コロンビア大学の生体組織工学研究者
で、エピボーン社創業CEOの
ニーナ・タンドン氏はこう熱弁する。
 
 「再生医療の3要件は、幹細胞、
(培養のための)足場、生化学反応装置」
とニーナ氏は語る。
 
 すでに豚を使った移植実験には成功して
おり、来年にはヒトへの移植、3年以内に
本格的な臨床試験の開始を目指すという。
 
 「人体の修復について、発想転換の
一助となりたい」(ニーナ氏)。
---------------------------------------
 
 素晴らしい挑戦です。
 
 再生医療の3要件は、現在では殆どの
医師に認知されているものだと思います。
でも、なかなか実現出来ない。
 
 挑戦し続けることしかないですね。
 
 今後に期待したい。

|

« 医療用大麻(マリファナ)研究に1億円超を大学に資金提供、カナダ企業 | トップページ | 新しい細胞移植法によって、聴神経の機能再生に成功 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61773362

この記事へのトラックバック一覧です: 骨移植に革命を起こす"美しき天才"の挑戦:

« 医療用大麻(マリファナ)研究に1億円超を大学に資金提供、カナダ企業 | トップページ | 新しい細胞移植法によって、聴神経の機能再生に成功 »