« 石油で汚れた工場跡地 芝の力で土をきれいに | トップページ | 血液を循環するがん細胞、検出し採取できる技術が登場 »

2015年6月 8日 (月)

提供者の組織と自分の細胞で前足再生、米病院がラットで成功

免疫抑制剤不要の手足移植に一歩
2015年06月07日 newswitch
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 死んだラット(動物実験用に飼育された
大型のネズミ)の前足から筋肉や血管など
の細胞をすべて取り除き、残った基盤構造
に、移植先のラットの筋肉と血管の細胞を
注入して培養したところ、生体的な機能を
持つ前足が再生されたという。
 
 実用化にはまだほど遠いものの、自分の
細胞を使った人工四肢に向けて今後は
人の細胞での筋肉の再生が大き
な研究テーマ。
 
 さらに通常の手足は筋肉や血管、神経の
ほか、骨、軟骨、腱、靭帯を備えるため、
さまざまな組織の再生も課題となる。
---------------------------------------
 
 興味深い研究ですね。
 
 複雑な組織の再生も夢ではない?
 
 今後の研究に期待したい。
 
 ちょっとフランケンシュタインを
想像してしまいます。

|

« 石油で汚れた工場跡地 芝の力で土をきれいに | トップページ | 血液を循環するがん細胞、検出し採取できる技術が登場 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61713270

この記事へのトラックバック一覧です: 提供者の組織と自分の細胞で前足再生、米病院がラットで成功:

« 石油で汚れた工場跡地 芝の力で土をきれいに | トップページ | 血液を循環するがん細胞、検出し採取できる技術が登場 »