« 野生のチンパンジーから、HIV対抗につながる遺伝子変異を発見 | トップページ | 簡単に使えて、きれいに治す絆創膏型人工皮膚を開発しました »

2015年6月14日 (日)

世紀の発見?脳と免疫システムを直接繋ぐ導管が見つかる

2015年6月12日 FUTURUS(フトゥールス)
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 人体には依然として解明されていない
謎が多く残っているとされるが、先日、
これまでのテキストブックをすべて
ひっくり返すほどの驚くべき発見が
Nature誌に発表された。
 
 University of Virginia School of
Medicineの研究員らは、存在しないと
考えられていた導管によって、
脳と免疫システムが直接繋がっていること
を発見したのだ。
 
 神経の病気に関する重要な示唆を含む
可能性があるほか、研究面でもこれまでの
常識を再編し、新たな研究領域を開くこと
が十分に考えられる。
 
 
神経・免疫を考えていた認識方法が完全に
変わる
 
 
アルツハイマー病解明の可能性も
---------------------------------------
 
 驚くべき発見ですね。
 
 信じがたい感じです。
 何故今まで発見出来なかったのか?
 
>今回の発見はごく予備的なものだが、
>研究チームは今後の治療の新しい
>可能性につながることに希望を
>持っている。
 
>さらなる研究や臨床分野への応用にも
>期待したいところだ。
 
 複数機関によるさらなる検証が必要
ですね。
 
 見守りたい。

|

« 野生のチンパンジーから、HIV対抗につながる遺伝子変異を発見 | トップページ | 簡単に使えて、きれいに治す絆創膏型人工皮膚を開発しました »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61740402

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の発見?脳と免疫システムを直接繋ぐ導管が見つかる:

« 野生のチンパンジーから、HIV対抗につながる遺伝子変異を発見 | トップページ | 簡単に使えて、きれいに治す絆創膏型人工皮膚を開発しました »