« 北海道産「グリーン水素」 風の町から東京五輪へ | トップページ | 東京ガス、再開発でスマートタウン 田町モデル展開 »

2015年6月30日 (火)

3D地図で風と水を読む 「ここ掘れ」資源を確保

2015/6/23 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 最新技術を駆使して作った高精細な
3D(3次元)の地図がビジネスのあり方
を変えるかもしれない。
 
 価格は航空写真による地図の3分の1、
完成までの期間も4分の1程度だ。
 
 NTTデータや日立ソリューションズが
3D地図による新サービスを投入している。
 
 防災や都市計画にとどまらず、
民間分野での活用も広がりそうだ。
---------------------------------------
 
 どうして高精細な3D(3次元)の地図
が安価に、完成までの期間も短く出来る
のかな?
 
 とにかく良い話しではあります。
 
 高精細な3D地図は役に立つはず。
 
 「ここ掘れワンワン」と言う話しは
どうかな?
 と思うが、どうなんだろう?
 
 防災や都市計画にとどまらず、
いろいろ新しい活用法が出てくるはず。
 
 今後におおいに期待したい。

|

« 北海道産「グリーン水素」 風の町から東京五輪へ | トップページ | 東京ガス、再開発でスマートタウン 田町モデル展開 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61816534

この記事へのトラックバック一覧です: 3D地図で風と水を読む 「ここ掘れ」資源を確保:

« 北海道産「グリーン水素」 風の町から東京五輪へ | トップページ | 東京ガス、再開発でスマートタウン 田町モデル展開 »