« 簡単に使えて、きれいに治す絆創膏型人工皮膚を開発しました | トップページ | 東大発、がんに集まる物質をMRIで狙って、がん細胞を破壊 »

2015年6月15日 (月)

割れた金属配線が勝手に直る、早大が自己修復技術

2015/5/26 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 亀裂(クラック)が入っても自己修復
する金属配線――。
 
 早稲田大学理工学術院准教授の
岩瀬英治氏らの研究グループは、交換や
保守が難しい機器に向けた新技術を開発
した。
 
 「電界トラップ」と呼ぶ現象を利用して
金属ナノ粒子で亀裂を架橋させることで、
数十秒ほどで亀裂が自動修復する。
 
 フレキシブル基板や伸縮配線といった
配線が切れやすい部分、建物に埋め込んだ
センサーや海中の機器などへの応用を想定
する。
---------------------------------------
 
 良さそうです。
 
 「割れた金属配線が勝手に直る」という
のは素晴らしい。
 
 製品化はいつ頃になるのかな?
 
 話題だけで製品化は出来なかったとか
ならないでしょうね?
 
 価格が高すぎて製品化できないとか?

|

« 簡単に使えて、きれいに治す絆創膏型人工皮膚を開発しました | トップページ | 東大発、がんに集まる物質をMRIで狙って、がん細胞を破壊 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61746378

この記事へのトラックバック一覧です: 割れた金属配線が勝手に直る、早大が自己修復技術 :

« 簡単に使えて、きれいに治す絆創膏型人工皮膚を開発しました | トップページ | 東大発、がんに集まる物質をMRIで狙って、がん細胞を破壊 »