« イヌは飼い主に協力しない人物を嫌う | トップページ | 世紀の発見?脳と免疫システムを直接繋ぐ導管が見つかる »

2015年6月14日 (日)

野生のチンパンジーから、HIV対抗につながる遺伝子変異を発見

2015年6月13日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 アフリカ、タンザニアの野生の
チンパンジーが持つ遺伝子の突然変異の
一部が、人間で問題となるHIVの発症を
遅らせる要因と共通していると
分かった。
 
 研究グループの観察では、チンパンジー
からはPATR-Bの突然変異したものが
11も発見できた。
 
 集団が小さいことからすると驚くような
数字という。
 
 生殖年齢を超える年齢まで生きられる
ために、この遺伝子の突然変異が必要に
なっている可能性があると見る。
 
 逆に言えば、突然変異を持つサルばかり
が生き延びられる。
 
 自然による選択が行われている可能性が
あるわけだ。
 
 HLA-B*57:01を持つチンパンジーは、
サル免疫不全ウイルスに感染しても、
フンに入るウイルスが少なかった。
 
 サル免疫不全ウイルス研究の先に病気の
解明があるのではないかと研究グループは
見る。
 
 人間の医療の解決は、動物の中に隠れて
いることもあるのかもしれない。
---------------------------------------
 
>サル免疫不全ウイルス研究の先に
>病気の解明があるのではないかと
>研究グループは見る。
 
 そうかも知れない。
 
 こう言う角度からの研究もありですね。
 
 今後の研究に期待です。

|

« イヌは飼い主に協力しない人物を嫌う | トップページ | 世紀の発見?脳と免疫システムを直接繋ぐ導管が見つかる »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61740371

この記事へのトラックバック一覧です: 野生のチンパンジーから、HIV対抗につながる遺伝子変異を発見:

« イヌは飼い主に協力しない人物を嫌う | トップページ | 世紀の発見?脳と免疫システムを直接繋ぐ導管が見つかる »