« 米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅 | トップページ | 家庭ゴミを発電燃料に 爆発事故12年目の再挑戦 »

2015年6月 2日 (火)

血液1滴でがん早期診断、「パンドラの箱」が開く

2015/05/28 日経デジタルヘルス
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 1滴の血液や尿、唾液から、何種類もの
がんを超早期の段階で診断する。
 
 そんな時代が意外にも早く訪れるかも
しれない――。
 
 そう感じさせる開発プロジェクトが
進行中だ。
 
 NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発
機構)が国立がん研究センターや東レ、
東芝など9機関と共同で実施している
「体液中マイクロRNA測定技術基盤開発」
プロジェクト(関連記事1、同2)である。
---------------------------------------
 
 期待出来そうです。
 
>マイクロRNAとその箱舟である
>エクソソームに関する研究は
>近い将来、がん医療に大きな
>パラダイムシフトをもたらしそうだ。
>エクソソームという
>「ナノパーティクルの中に大きな
>“希望”がある。
>このパンドラの箱を、我々は開ける
 
 是非開けてください。
 
 最近聞いたような気がします。
 おおいに期待しています。

|

« 米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅 | トップページ | 家庭ゴミを発電燃料に 爆発事故12年目の再挑戦 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61683915

この記事へのトラックバック一覧です: 血液1滴でがん早期診断、「パンドラの箱」が開く:

« 米大学研究チーム発表のがん治療 末期患者のがん細胞が消滅 | トップページ | 家庭ゴミを発電燃料に 爆発事故12年目の再挑戦 »