« ジレニアの再発性多発性硬化症への高い有効性、第67回AANで発表-ノバルティス社 | トップページ | 起きたい時間に目が覚める不思議なチカラ »

2015年5月 6日 (水)

赤外線でがん破壊、治験へ 米研究所、3~4年後承認目指す

2015年5月6日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 人体に無害な光(近赤外線)を当てて
がん細胞を壊す新しい治療法を
米国立保健研究所(NIH)の小林久隆・
主任研究員らが開発し、患者で効き目を
調べる治験(臨床試験)を近く始める。
 
 光を受けると熱を出す特殊な化学物質を
がん細胞の表面に結びつけ、がんだけを
熱で狙い撃ちする。
 
 この治療法は「光線免疫療法」。
 
 小林さんらが2011年、マウス実験
だと8割でがんが完治したと発表。
 
 副作用が少ない新治療法になると注目を
集め、オバマ大統領が翌年の一般教書演説
で取り上げた。
 
 今年4月末、米食品医薬品局(FDA)
が治験を許可。
 
 通常、動物実験から治験開始まで
早くても5年以上はかかるとされており、
今回は異例の早さだという。
 
 米製薬ベンチャーと組んで準備を進め、
約10億円の資金も確保した。
---------------------------------------
 
 いろいろ新しい治療法が出てきますね。
 
>オバマ大統領が翌年の一般教書演説
>で取り上げた。
 
>今年4月末、米食品医薬品局(FDA)
>が治験を許可。
 米国でも異例の早さだそうです。
 
 どうして日本ではこう言う話しが首相
から出てこないのかな?
 
 画期的な治療法だと思われるもの
として最近テレビで報道されていた
のが、
2015年3月29日
ですね。
 
 これは細胞単位で殺すことができる。
 難点はいろいろありそうですが、
 
 でも、希望はだいぶ見えて来たような
気がします。

|

« ジレニアの再発性多発性硬化症への高い有効性、第67回AANで発表-ノバルティス社 | トップページ | 起きたい時間に目が覚める不思議なチカラ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61548048

この記事へのトラックバック一覧です: 赤外線でがん破壊、治験へ 米研究所、3~4年後承認目指す:

« ジレニアの再発性多発性硬化症への高い有効性、第67回AANで発表-ノバルティス社 | トップページ | 起きたい時間に目が覚める不思議なチカラ »