« がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告 | トップページ | 卵巣がんで「PD-L1」が悪さ、インターフェロンガンマがさらに悪さ、京都大学からの報告 »

2015年5月14日 (木)

「糞便移植療法」という新しい治療法に取り組んでいます。

平成27年 5月 7日
千葉大学医学部附属病院
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 千葉大学医学部附属病院は、糞便移植
療法(FMT)の臨床研究(研究代表者
横須賀 收 消化器内科科長)にて
取り組んでおり、今年3月に1例目を
実施しました。
 
 糞便移植療法は、健康な人の便と
生理食塩水を混ぜて液体化したものを、
内視鏡を使って患者の腸内に注入する
という新しい治療法です。
 
 正常な腸内細菌を患者の腸内フローラ
(腸内細菌が多数集まっている場所)に
注入することにより、感染性腸炎、
炎症性腸疾患など抗生物質や既存の薬剤
では治療の難しい腸炎の症状改善を
目指します。
---------------------------------------
 
 最近注目されていますね。
 
>すでに米国など海外では普及して
>いますが、国内では慶應義塾大学病院が
>2014 年に開始し、注目を集めて
>おります。
 
>倫理的な配慮の下、ドナーとなる方は
>二親等以内の親族であることを義務付け
>ており、また当院消化器内科で実施
>されている臨床研究により定められた
>様々な検査をパスした『健康な糞便』を
>有している方を選別しなければ
>なりません。
>受診を希望する患者さんには、ドナーと
>なる方の糞便の選別が比較的困難である
>ことに留意していただく必要性が
>あります。
 とのこと。
 
 広く理解を得ることから始めないと
いけないのが現状のようです。
 
 是非、日本でも、積極的に挑戦して
頂きたいと思っております。

|

« がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告 | トップページ | 卵巣がんで「PD-L1」が悪さ、インターフェロンガンマがさらに悪さ、京都大学からの報告 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61587775

この記事へのトラックバック一覧です: 「糞便移植療法」という新しい治療法に取り組んでいます。:

« がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告 | トップページ | 卵巣がんで「PD-L1」が悪さ、インターフェロンガンマがさらに悪さ、京都大学からの報告 »