« 糞便移植で注目されるクロストリジウム・ディフィシル感染、米国で3万人が死亡 | トップページ | 「高効率を実現した遺伝子改変技術の開発」【田中光一 教授】 »

2015年5月 2日 (土)

てんかん薬が多発性硬化症の失明を防ぐ

2015年4月30日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
 てんかんの発作を防ぐためによく
使われている薬(フェニトイン)が、
多発性硬化症を患う人の視力を守る
可能性があると分かったそうです。
 
>今回の結果がより大規模な研究でも
>証明されれば、多発性硬化症の
>神経損傷や失明を防ぐ治療法に
>つながる可能性がある
 
 期待したいです。
 
 既存の薬が効くというのが良い
ですね。

|

« 糞便移植で注目されるクロストリジウム・ディフィシル感染、米国で3万人が死亡 | トップページ | 「高効率を実現した遺伝子改変技術の開発」【田中光一 教授】 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61526542

この記事へのトラックバック一覧です: てんかん薬が多発性硬化症の失明を防ぐ:

« 糞便移植で注目されるクロストリジウム・ディフィシル感染、米国で3万人が死亡 | トップページ | 「高効率を実現した遺伝子改変技術の開発」【田中光一 教授】 »