« 「塩化ビニル」が血管のがんをひき起こす仕組み、新技術で解明 | トップページ | ペースメーカー役の細胞作製成功 体に優しく 岡大、学会発表へ »

2015年5月 7日 (木)

子どもに多い骨のがん「骨肉腫」、悪性度につながる仕組みを解明

新たな標的治療につながる可能性も
2015年4月23日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>今回研究グループは、ネズミと人間の
>骨肉腫の細胞を使って、Sox2が
>どういう仕組みで骨肉種にがん幹細胞を
>存在させ続けているのかを解析した。
 素晴らしい。
 
>新たな治療の標的になり得る「Sox2」
>の発見は、骨肉腫の克服に向けて
>踏み出した重要な一歩と言えるだろう。
 
 おおいに期待したい。

|

« 「塩化ビニル」が血管のがんをひき起こす仕組み、新技術で解明 | トップページ | ペースメーカー役の細胞作製成功 体に優しく 岡大、学会発表へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61553803

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに多い骨のがん「骨肉腫」、悪性度につながる仕組みを解明:

« 「塩化ビニル」が血管のがんをひき起こす仕組み、新技術で解明 | トップページ | ペースメーカー役の細胞作製成功 体に優しく 岡大、学会発表へ »