« 輸血の代替治療に光 血小板急増仕組み発見 自治医大と京大の研究グループ | トップページ | がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告 »

2015年5月13日 (水)

薬を打って、光を当てると、がん細胞が死んだ!

2015年5月11日 MEDLEYニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がんの新しい治療法として、最近
「光免疫療法」という技術が
報道されました。
 
 感光物質と結合した抗体をがん細胞に
結合させ、光を当てるとがん細胞が
死滅するというものです。
 
 代表的な治療法のどれとも違う原理で
治療を目指し、それも開発したのが
日本人らのグループということで
話題になりました。
 
 2011年にNatureMedicineに掲載され、
この技術がマウスの実験で成功を収めた
ことを報告した論文を紹介します。
---------------------------------------
 
>新しい原理に挑戦する光免疫療法が
>実際に使えるものかどうかは、
>いままさに試されようとしています。
 
>今後の臨床試験の報告に期待が
>かかります。
 とのことです。
 
 期待しています。
 
 既投稿のこの記事のことですね。
2015年5月 6日

|

« 輸血の代替治療に光 血小板急増仕組み発見 自治医大と京大の研究グループ | トップページ | がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61583214

この記事へのトラックバック一覧です: 薬を打って、光を当てると、がん細胞が死んだ!:

« 輸血の代替治療に光 血小板急増仕組み発見 自治医大と京大の研究グループ | トップページ | がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告 »