« 卵巣がんや膵臓がんなどに朗報、キメラ抗原受容体T細胞療法(CART)が有効の可能性 | トップページ | ヒトガンマデルタ T 細胞による抗原提示能獲得の分子メカニズムを解明 »

2015年5月11日 (月)

放射線がん治療の副作用低減に新たな道筋

平成27年5月7日
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立研究開発法人日本原子力研究開発
機構(以下「原子力機構」)は、
放射線(1)が当たっていない細胞で起こる
「バイスタンダー効果」(2)が、ガンマ線
や重粒子線などの放射線の種類によらず、
細胞内で合成された活性な窒素化合物
である一酸化窒素が引き金となって、
かつその合成量に応じて起こることを
世界で初めて明らかにしました。
 
 得られた成果は、今後、ガンマ線、
エックス線(3)や重粒子線(4)を用いた
放射線がん治療の副作用低減につながる
と期待できます。
 
 バイスタンダー効果とは、放射線が
当たった細胞で生じる何らかの作用
により、放射線が当たっていない周囲の
細胞があたかも放射線に当たったかの
ような反応を示す現象です。
 
 しかし、そのメカニズムはよく分かって
おらず、これまでは放射線の種類による
違いも不明でした。
 
 そこで、原子力機構 原子力科学研究
部門 量子ビーム応用研究センター
マイクロビーム細胞照射研究グループの
横田裕一郎研究副主幹らは、培養した
ヒト細胞集団の一部にガンマ線、
あるいは重粒子線の一種である
炭素イオンビーム(4)をそれぞれ当てた後、
当たっていない周囲の細胞の増殖能力を
詳細に調べました。
 
 その結果、放射線が当たっていない細胞
の増殖能力は、ガンマ線でも
炭素イオンビームでも同じように低下する
ことが分かりました。
 
 さらに、一酸化窒素を意図的に消去
させた実験から、バイスタンダー効果には
放射線の種類によらず一酸化窒素が関与
すること、またその合成量が増えるほど
細胞の増殖能力が低下する
(バイスタンダー効果が強く現れる)こと
を世界で初めて発見しました。
 
 近年、体内深部のがん患部に集中して
放射線のエネルギーを与えて治療できる
重粒子線がん治療に期待が集まっています
が、その重粒子線でも、皮膚からがん患部
までの間に存在する正常組織の被ばくは
避けられません。
 
 この正常組織の被ばくにおいて、
放射線が当たった細胞から当たっていない
細胞へのバイスタンダー効果が影響する
可能性がありますが、本成果により
そのメカニズムの一端が明らかに
なりました。
 
 今後、ヒトの正常組織で一酸化窒素の
消去あるいは生成の抑制・制御に有効な
薬剤が開発されれば、放射線がん治療の
副作用低減に、さらには治療効果の増強
にも役立つことが期待できます。
 
 なお、本研究成果は、放射線科学分野の
トップジャーナルの一つである英国の
International Journal of Radiation
Biology誌の電子版に5月11日に掲載される
予定です。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 医療の為とはいえ被曝の影響は極力避け
ねばなりません。
 
 今回の成果から、
>今後、ヒトの正常組織で一酸化窒素の
>消去あるいは生成の抑制・制御に有効な
>薬剤が開発されれば、放射線がん治療の
>副作用低減に、さらには治療効果の増強
>にも役立つことが期待できます。
 
 期待いたします。

|

« 卵巣がんや膵臓がんなどに朗報、キメラ抗原受容体T細胞療法(CART)が有効の可能性 | トップページ | ヒトガンマデルタ T 細胞による抗原提示能獲得の分子メカニズムを解明 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61573307

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線がん治療の副作用低減に新たな道筋:

« 卵巣がんや膵臓がんなどに朗報、キメラ抗原受容体T細胞療法(CART)が有効の可能性 | トップページ | ヒトガンマデルタ T 細胞による抗原提示能獲得の分子メカニズムを解明 »