« インスリンを飲んで糖尿病を治す? | トップページ | 塗って作れる太陽電池で変換効率10%を達成 »

2015年5月26日 (火)

肝がんに結合し光を当てることで患部破壊-慶大など、分子標的薬の候補分子を開発

2015年05月21日 日刊工業新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 慶応義塾大学理工学部の戸嶋一敦
(かずのぶ)教授とJ―オイルミルズの
研究グループは、肝がん細胞が持つ特定の
物質に結合し、光を当てることでがん細胞
を殺せる分子標的薬の候補分子を
開発した。
 
 肝がんの細胞表面にある鎖状の糖分子
「糖鎖」に着目。
 
 光を吸収し、がん組織を破壊する
“はさみ”分子と、肝がん細胞が持つ
糖鎖に結合するたんぱく質を組み合わせた
複合分子を作った。
 
 2000個のヒト由来肝がん細胞を使い
候補分子の効果を試した。
 
 1リットル当たり1マイクロモルの濃度
の複合分子を含む薬剤をがん細胞に
たらし、20センチメートルの距離から
30ワットの光を30分間照射した
ところ、7割のがん細胞が死滅した。
 
 AFP―L3を発現していない細胞では
複合分子が効かず細胞が死なないことも
確認した。
---------------------------------------
 
 問題はまだいろいろありそうですが、
面白いやり方ですね。
 
 体表に近い所のがんでないと出来ない
でしょうし、7割のがん細胞しか殺せ
なかったというのが気になります。
 
 今後に期待です。
 
 関連投稿です。
2015年5月 6日

|

« インスリンを飲んで糖尿病を治す? | トップページ | 塗って作れる太陽電池で変換効率10%を達成 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61647366

この記事へのトラックバック一覧です: 肝がんに結合し光を当てることで患部破壊-慶大など、分子標的薬の候補分子を開発:

« インスリンを飲んで糖尿病を治す? | トップページ | 塗って作れる太陽電池で変換効率10%を達成 »