« マクロファージを活性化させる転写因子を発見 | トップページ | がん「動く」仕組み解明 転移抑制への応用期待 神戸大教授ら »

2015年5月23日 (土)

外から来たDNAの細胞内侵入を感知するDNAセンサーを発見

~DNAセンサータンパク質BAFの働きで
外来DNAはオートファジーから免れる~
2015年5月19日
国立研究開発法人 情報通信研究機構
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
・細胞内に侵入したDNAはBAFの働きで
 オートファジーからの攻撃を回避する
 ことを発見
 
・これまでブラックボックスだった
 細胞内での反応を可視化することに成功
 
・細菌感染やウイルス感染過程の理解や
 遺伝子デリバリー・遺伝子治療法開発
 に貢献
 
 
-----
要旨
 
 NICTは、未来ICT研究所において、
細胞の有用な仕組みを発見しました。
 
 その仕組みとは、DNAセンサー分子BAFの
働きで、ウイルス感染や遺伝子導入の際に
持ち込まれる外来DNAが細胞内に侵入した
時にオートファジーの攻撃から免れる
というものです。
 
 今回、これまでブラックボックスだった
外来DNAが細胞内に入った時の生体反応を
明らかにし、BAFというタンパク質が
核膜に似た膜構造をDNA周辺に作ること
によって、オートファジーを抑制すること
を発見しました。
 
 この成果は、将来、埋め込み型の
通信媒体を生体・細胞内に導入することを
想定した新たな通信方法の創生に
大きなブレークスルーとなります。
 
 また、DNAセンサー分子の発見が
期待されていた免疫学の分野や、
細菌感染やウイルス感染で起こる
外来DNAの細胞内反応過程の解明が
望まれている感染医学分野、
遺伝子デリバリー・遺伝子治療分野など
に貢献する成果です。
 
 なお、本研究成果は、2015年5月18日
15:00(米国Eastern Time)に
国際的科学誌「米国科学アカデミー紀要
(PNAS)」オンライン速報版で
公開されます。
---------------------------------------
 
 素晴らしい発見だと思います。
 
>これまでブラックボックスだった
>細胞内での反応を可視化することに
>成功
 というのが大きいですね。
 
 今後の貢献に期待します。

|

« マクロファージを活性化させる転写因子を発見 | トップページ | がん「動く」仕組み解明 転移抑制への応用期待 神戸大教授ら »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61632138

この記事へのトラックバック一覧です: 外から来たDNAの細胞内侵入を感知するDNAセンサーを発見:

« マクロファージを活性化させる転写因子を発見 | トップページ | がん「動く」仕組み解明 転移抑制への応用期待 神戸大教授ら »