« 筋肉から血糖値を下げる物質AMPキナーゼの発見・活性化法 藤井宣晴先生 TBS夢の扉+ | トップページ | 副作用に悩まされない!「第4のがん治療法」の延命効果に期待 »

2015年5月18日 (月)

抗がん剤が感染細胞を撃破、B型肝炎ウイルスは100%消失、HIVやデング熱にも威力か

2015年5月4日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 肝臓の細胞は通常、感染が起こると
拡大しないように自らを破壊する
(アポトーシスと言われる)信号を出す
が、B型肝炎ウイルスはこの細胞内の
信号伝達経路に入り込んで、自滅信号を
妨害していた。
 
 自滅を阻止するウイルスの働きを逆転
する役割として、抗がん剤の利用が浮上
した。
 
 研究グループは、米国の
バイオテクノロジー会社が開発した
「ビリナパント」と呼ばれている
抗がん剤をウイルス克服の手段として
試した。
 
 その結果、ビリナパントなどの抗がん剤
が、正常な細胞を傷つけずに
B型肝炎ウイルスに感染した細胞を破壊。
 
 さらに現行の抗ウイルス薬エンテカビル
を併用すると、抗ウイルス薬を単独で使う
よりも2倍の速さでウイルスを消滅
させると発見した。
---------------------------------------
 
 画期的な治療法のようです。
 
>感染細胞を破壊するという、ほかに
>ない治療が実現するかもしれない。
 
 おおいに期待したい。

|

« 筋肉から血糖値を下げる物質AMPキナーゼの発見・活性化法 藤井宣晴先生 TBS夢の扉+ | トップページ | 副作用に悩まされない!「第4のがん治療法」の延命効果に期待 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61608142

この記事へのトラックバック一覧です: 抗がん剤が感染細胞を撃破、B型肝炎ウイルスは100%消失、HIVやデング熱にも威力か:

« 筋肉から血糖値を下げる物質AMPキナーゼの発見・活性化法 藤井宣晴先生 TBS夢の扉+ | トップページ | 副作用に悩まされない!「第4のがん治療法」の延命効果に期待 »