« 薬を打って、光を当てると、がん細胞が死んだ! | トップページ | 「糞便移植療法」という新しい治療法に取り組んでいます。 »

2015年5月14日 (木)

がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告

2015年5月11日 Med エッジ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がんの大元を断つ新しい治療が
実現するかもしれない。
 
 ビタミンAの関連物質である
「オールトランス型レチノイン酸(ATRA)」
ががんの大元となる細胞を殺す可能性が
あると分かった。
 
 米国ハーバード大学が発見した成果で、
幅広いがんに効果を示し得る新しい治療
になりそうだ。
 
 「急性前骨髄球性白血病(APL)」と
呼ばれる白血病の一種では初めての
標的薬の候補になるかもしれない。
---------------------------------------
 
 「がんの幹細胞を撃つ」ことが出来る?
 
>がんを抑え込む新しい治療として
>重要になるかもしれない。
 とのこと。
 
 今後の展開を見守りましょう。

|

« 薬を打って、光を当てると、がん細胞が死んだ! | トップページ | 「糞便移植療法」という新しい治療法に取り組んでいます。 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61587724

この記事へのトラックバック一覧です: がんと闘う新発見、ビタミンA関連の「ATRA」が効果、米国ハーバード大学が報告:

« 薬を打って、光を当てると、がん細胞が死んだ! | トップページ | 「糞便移植療法」という新しい治療法に取り組んでいます。 »