« “一石二鳥”の抗菌作用を持つ物質を発見 | トップページ | 「ヒト化動物プロジェクト」でがんを殺す、ドイツで進む新鋭のがん免疫治療 »

2015年4月15日 (水)

関節軟骨の再生を強力に誘導するステロイドホルモンを発見

平成27年3月27日
岡山大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 本学大学院医歯薬学総合研究科(歯)の
エミリオ・ハラ研究員、窪木拓男教授らの
研究グループは、米国 FDA によって承認
されているグルココルチコイドの一種
であるフルオシノロンアセトニド
(Fluocinolone acetonide:FA)に強力な
軟骨細胞分化誘導能があることを発見。
 
 FA を用いて軟骨細胞へと分化誘導した
細胞塊が実験的に欠損させた関節軟骨
を強力に修復することを確認しました。
 
 本研究成果は、2015 年 3 月 7 日、
米国骨代謝学会雑誌
「Journal of Bone and Mineral
 Research」に公開されました。
 
 FA はすでに人に使用されている薬剤で
臨床応用への障壁も低く、幹細胞
(骨髄由来間葉系幹細胞や iPS 細胞)を
用いた関節軟骨再生治療の新たな基盤技術
になるものと期待されます。
---------------------------------------
 
 既存の薬が効果を発揮するとは
素晴らしい。
 
>FA はすでに人に使用されている薬剤
>で臨床応用への障壁も低く、
>幹細胞(骨髄由来間葉系幹細胞や
>iPS 細胞)を用いた関節軟骨再生治療
>の新たな基盤技術になるものと期待
>されます。
 
>本発見は、変形性関節症の自家細胞
>移植治療の治療成績の向上、
>適応症の拡大に大いに繋がると
>考えます。
 
>さらに、生体吸収性材料と FA を
>組み合わせて投与する様な細胞を
>用いない軟骨再生治療にも応用可能
>と考えています。
 良いですね。
 
 おおいに期待したい。
 
 関連投稿です。
2015年2月27日
 
 この投稿とは別の意味でGood Newsです。
 
 軟骨再生実用化に近づいて来ました。

|

« “一石二鳥”の抗菌作用を持つ物質を発見 | トップページ | 「ヒト化動物プロジェクト」でがんを殺す、ドイツで進む新鋭のがん免疫治療 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61443215

この記事へのトラックバック一覧です: 関節軟骨の再生を強力に誘導するステロイドホルモンを発見:

« “一石二鳥”の抗菌作用を持つ物質を発見 | トップページ | 「ヒト化動物プロジェクト」でがんを殺す、ドイツで進む新鋭のがん免疫治療 »