« 「免疫力は糖によって調節される!」 免疫反応の新しいON/OFFの仕組みを解明 | トップページ | 乳がん脳転移、早期発見期待=RNAが関門破壊 国立がんセンター »

2015年4月25日 (土)

自然リンパ球の新しい発生メカニズム

2015年4月13日
理化学研究所
東京理科大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理化学研究所(理研)統合生命医科学
研究センターサイトカイン制御チームの
久保允人チームリーダー
(東京理科大学生命科学研究所分子病態学
研究部門教授)と、リスボン大学分子医学
研究所のエンリケ・フェルナンデス教授、
パスツール研究所自然免疫ユニットの
ジェームス・デサント教授らによる
共同研究グループ※は、時計遺伝子[1]
「E4BP4 [2]」が、自然リンパ球(ILC)
[3]の発生に必須な分子の発現を調節して
いることを明らかにしました。
 
 自然リンパ球は、自然免疫に関わる細胞
で、2010年にTリンパ球やBリンパ球[4]
とは異なる新たなリンパ球として発見
されました。
 
 自然リンパ球は、さまざまなタイプの
炎症に関わるサイトカイン[5]と呼ばれる
液性因子を産生する能力を持ちます。
 
 自然リンパ球はサイトカインの産生能
によりILC1、ILC2、ILC3の3つのグループ
に分類されます。
 
 中でもILC3は、腸管の粘膜固有層に多く
存在し、上皮からの抗菌ペプチド[6]産生
を誘導することで腸内細菌と腸管免疫との
平衡状態の確立に重要な役割を果たすと
考えられており、クローン病のような
慢性炎症疾患と関係があるといわれて
います。
 
 しかし、自然リンパ球がどこで
どのように作られるのか、発生段階の
どの過程で3つのグループに分岐して
いくのか、詳細なメカニズムは分かって
いませんでした。
 
 久保チームリーダーらは2011年に、
時計遺伝子の制御装置として知られる
E4BP4[2]という転写因子が、過剰な
免疫反応を沈静化する分子として働く
ことを発見しました。
 
 E4BP4を欠損させたマウスを詳細に解析
し、自然リンパ球が作られる過程で
鍵となる分子であることを明らかにして
います。
 
 共同研究グループは今回、E4BP4が
「Id2[7]」と呼ばれる自然リンパ球の
発生初期段階に必要な分子の発現を調節
する重要な働きを持ち、3つのグループ
すべての自然リンパ球の発生に関わって
いることを明らかにしました。
 
 今回の成果により、自然リンパ球が関与
する疾患に対してその原因や症状に対応
する治療法が考案できる可能性が
あります。
 
 本研究は、英国の科学雑誌
『Cell report』のオンライン版
(3月19日付け:日本時間3月20日)に
掲載されました。
---------------------------------------
 
 自然リンパ球ね~
 
 自然免疫に関わる発見です。
 
 前投稿との関係はどう考えれば良いの
かな?
 
 自然免疫の活性化には糖鎖が関わって
いて、活性化には当然自然リンパ球の
増加が必要で、、そこには時計遺伝子が
関わっていると、
 
 ふ~ん。
 
 複雑怪奇ですね。
 
 今後の研究に期待します。

|

« 「免疫力は糖によって調節される!」 免疫反応の新しいON/OFFの仕組みを解明 | トップページ | 乳がん脳転移、早期発見期待=RNAが関門破壊 国立がんセンター »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61491053

この記事へのトラックバック一覧です: 自然リンパ球の新しい発生メカニズム:

« 「免疫力は糖によって調節される!」 免疫反応の新しいON/OFFの仕組みを解明 | トップページ | 乳がん脳転移、早期発見期待=RNAが関門破壊 国立がんセンター »