« 青色光で筋肉成長 ALS治療法開発に道 | トップページ | 購入電力9割減だけではない、コマツがバイオマス発電を選んだわけ »

2015年4月 3日 (金)

公表、医師抵抗で1年遅れ 製薬会社からの講演・原稿料 印刷できず閲覧期間制限

2015年4月2日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 国内の製薬会社が医師個人へ支払った
金銭情報の公表が昨年から始まったが、
予定より1年遅れた。
 
 個人情報の保護を理由に、一部の医師が
抵抗したからだ。
 
 各社はウェブサイトで公表したが、印刷
や保存ができないようにしていた上に、
閲覧期間を制限するなどして容易に比較
できないようにした。
 
 1年の猶予の後も、一部の医師の反対が
続いた。
 
 製薬会社幹部によると、糖尿病の重鎮
とされる医師たちの反対が強く
「公開すれば講演も薬のアドバイスも
しない」と圧力をかける医師もいた
という。
 
 会社に赴かないと個別の支払額が閲覧
できない「来社方式」を検討する社が
相次いだ。
---------------------------------------
 
 相変わらず酷い話です。
 
 多くの医者は患者の為に行動している
はず。残念です。
 
 なんでこうも隠したがる?
 公開されるとどういう不都合がある
のでしょう?
 
 良い薬であれば、より広く患者の為に
なるよう講演して当然だし、それ相当の
謝礼もあって良いと思う。
 
 不正を疑われるような行動なんで
しょうか?
 
 正しいことをしているのであれば
公開しても何ら問題はないはず。
 
>■米は公開度高く検索可能
 
>米国では14年9月末、医師約55万人
>に製薬企業などが支払った謝礼、
>飲食費、研究助成金などの情報を
>保健福祉省の機関がネットで公開した。
>13年8月~12月分の総額
>約35億ドル(約4200億円)。
 
>医師ごとに金額、費目、支払った企業
>などがわかる。
>閲覧制限はなく、検索も可能。
>自分の主治医がどこから何ドル提供を
>受けているかも簡単に調べられる。
 
 当然だと思う。
 
 日本は後進国です。
 
 一部の有力者 or 有力団体に牛耳られて
いるとしか思えない。
 
 医師会も患者の為に行動しているとは
思えない。
 
 他国から学ぶべきことは沢山あるのに
学ぼうとしないし、議論もしない。
 
 情けない国です。

|

« 青色光で筋肉成長 ALS治療法開発に道 | トップページ | 購入電力9割減だけではない、コマツがバイオマス発電を選んだわけ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61381222

この記事へのトラックバック一覧です: 公表、医師抵抗で1年遅れ 製薬会社からの講演・原稿料 印刷できず閲覧期間制限:

« 青色光で筋肉成長 ALS治療法開発に道 | トップページ | 購入電力9割減だけではない、コマツがバイオマス発電を選んだわけ »