« 臓器の芽を作製する画期的な培養手法確立 | トップページ | 骨の再生医療実現へ - 東洋紡と東北大が新材料の治験実施 »

2015年4月20日 (月)

iPS創薬「周回遅れ」挽回へ 京大・武田共同研究

2015/4/17 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 iPS細胞の医療応用に慎重だった
武田薬品工業が、京都大学と10年間、
間接的な支援も含め総額300億円以上に
相当する共同研究契約を結んだ。
 
 京大の山中伸弥教授がiPS細胞を
初めて作製してから8年以上を経て、
ようやく日本の大手製薬企業による
本格的な活用が始まる。
 
 ただ、世界はiPS細胞を使う新薬開発
などで先行しており、武田は「周回遅れ」
に近いところからのスタートとなる。
---------------------------------------
 
 どうしてでしょうか?
 日本発でありながら、製品化は海外と
言う例が多い。というか殆ど?
 
 「周回遅れ」であるとしても武田薬品
工業がお金を出して共同研究契約を
結んだ。
 
 頑張ってください。
 期待しています。
 本家本元なんですから、

|

« 臓器の芽を作製する画期的な培養手法確立 | トップページ | 骨の再生医療実現へ - 東洋紡と東北大が新材料の治験実施 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61468072

この記事へのトラックバック一覧です: iPS創薬「周回遅れ」挽回へ 京大・武田共同研究:

« 臓器の芽を作製する画期的な培養手法確立 | トップページ | 骨の再生医療実現へ - 東洋紡と東北大が新材料の治験実施 »