« 28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす | トップページ | 大林組、研究所の全電力を太陽光で 再エネ社会へ前進 »

2015年4月13日 (月)

北大、診断が困難な線維筋痛症候群の鑑別方法を開発

2015年4月11日 財経新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 線維筋痛症候群は、慢性全身性疼痛・
疲労・睡眠障害などを特徴とする原因不明
の難病で、日本では約200万人の患者が
いるとされている。
 
 しかし、現在病院等で一般的に使われて
いる検査データには何の異常も見られない
ため、診断が非常に困難であるという
課題があった。
 
 今回の研究では、MAIT(マイト)細胞の
末梢血中での存在割合や、この細胞の
表面上に存在する様々な抗原発現量を解析
した。
 
 その結果、線維筋痛症候群では健常人に
比べて末梢血中のMAITにおける
CD4陽性細胞の割合が有意に減少している
ことが分かった。
 
 また、この時MAIT細胞表面上に発現して
いる抗原を解析し、健常人・
線維筋痛症候群・脊椎関節炎・
関節リウマチを鑑別できる10種類の抗原を
同定することに成功した。
 
 今後は、線維筋痛症候群に対して新たな
客観的診断基準を付与することで、
早期診断を可能とし、患者のQOL向上に
寄与すると期待されている。
 
 なお、この内容は「PLOS ONE」に掲載された。
 
 詳細リンクです。
---------------------------------------
 
>現在病院等で一般的に使われている
>検査データには何の異常も見られない
>ため、診断が非常に困難である
 
 これは大きな問題です。
 
 しかも、痛みは第三者にはわからない。
 測定も出来ない。
 
 きついですね。
 
>健常人・線維筋痛症候群・脊椎関節炎・
>関節リウマチを鑑別できる10種類の抗原
>を同定することに成功した。
 そうです。
 
 素晴らしいです。
 
 線維筋痛症候群に対して新たな客観的
診断基準が出来ると良いですね。
 
 残念ながら今回の改正でも、難病に
指定されなかったようです。
 
 せめて重症患者だけでも認定出来ない
のでしょうか?
 
 関連リンクです。
2015年2月23日

|

« 28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす | トップページ | 大林組、研究所の全電力を太陽光で 再エネ社会へ前進 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61433393

この記事へのトラックバック一覧です: 北大、診断が困難な線維筋痛症候群の鑑別方法を開発:

« 28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす | トップページ | 大林組、研究所の全電力を太陽光で 再エネ社会へ前進 »