« 休日の運動で死亡率が低くなる、「運動と長寿」にさらに根拠 運動の強度が上がっても死亡率は下がらず | トップページ | 低価格な義足ソケット製造技術 »

2015年4月23日 (木)

iPSでがん免疫細胞、大量培養し治療…理研と千葉大

2015年4月14日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 理化学研究所と千葉大病院の研究チーム
が、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から
作った特殊な免疫細胞を使い、がん患者を
治療する臨床研究を計画していることが
13日わかった。
 
 今年度内に千葉大の審査委員会に計画を
申請し、同大と厚生労働省による審査を
経て、2018年度までに1例目の治療を
始めたい考えだ。
 
 計画では、がん患者本人または第三者
から血液の細胞を採取し、iPS細胞に
変化させて大量に培養した後、
NKT細胞という免疫細胞に変化させ、
がんの近くに投与する。
 
 NKT細胞には、がんを攻撃する免疫を
活性化する働きがある。
 
 治療の対象は、鼻やのどなどのがんが
再発し、治療が難しい患者を想定して
いる。
 
 がんに対する効果や安全性を調べた上
で、肺がんなど、他のがんに臨床研究を
広げる可能性も探る。
---------------------------------------
 
 挑戦することは素晴らしいことだと
思いますが、なかなか「がん免疫療法」は
効果をあげられないでいる。
 
 良い結果が出ることを祈っています。
 
 関連投稿です。
2015年1月 2日
 
 このあたりがポイントなんでしょうか?

|

« 休日の運動で死亡率が低くなる、「運動と長寿」にさらに根拠 運動の強度が上がっても死亡率は下がらず | トップページ | 低価格な義足ソケット製造技術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61481499

この記事へのトラックバック一覧です: iPSでがん免疫細胞、大量培養し治療…理研と千葉大:

« 休日の運動で死亡率が低くなる、「運動と長寿」にさらに根拠 運動の強度が上がっても死亡率は下がらず | トップページ | 低価格な義足ソケット製造技術 »