« 細胞内巨大プロテインクリスタルの運命 -自食機構によって隔離されるタンパク質結晶- | トップページ | 「画期的」新薬、審査を半年に短縮 がんや認知症など、競争力強化 厚労省 »

2015年4月 7日 (火)

疲弊したがん攻撃細胞の機能回復に成功

平成27年2月27日 岡山大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
(医)免疫学分野の鵜殿平一郎教授と
榮川伸吾助教、西田充香子大学院生らの
研究グループは、糖尿病治療薬の
メトホルミン※1 にがん細胞を殺傷する
細胞の疲弊を解除し、がんを攻撃する機能
を回復させる作用があることを証明
しました。
 
 本研究成果は 2015 年 1 月 26 日
付け、『米科学アカデミー紀要』電子版
で公開されました。
 
 メトホルミンは、2 型糖尿病患者に
世界で最も多く処方されている治療薬
です。
 
 これまでに、メトホルミンで長期間
治療した患者は、それ以外の薬剤で治療
した患者に比べ、がん罹患率、がん死亡率
が優位に低いことがわかっていました。
 
 本研究結果を応用し、メトホルミンの
作用を従来のがん治療法と組み合わせる
ことで、治療効果のさらなる改善に
繋がることが大いに期待されます。
---------------------------------------
 
 Good Newsです。
 
 「メトホルミン」は世界で最も多く処方
されている治療薬だそうです。
 
>メトホルミンの作用を従来のがん治療法
>と組み合わせることで、治療効果の
>さらなる改善に繋がることが大いに
>期待されます。
 
 治療効果のさらなる改善が確認出来れば
すぐにでも臨床試験に入れそうですね。
 
 期待出来そうです。

|

« 細胞内巨大プロテインクリスタルの運命 -自食機構によって隔離されるタンパク質結晶- | トップページ | 「画期的」新薬、審査を半年に短縮 がんや認知症など、競争力強化 厚労省 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61403538

この記事へのトラックバック一覧です: 疲弊したがん攻撃細胞の機能回復に成功:

« 細胞内巨大プロテインクリスタルの運命 -自食機構によって隔離されるタンパク質結晶- | トップページ | 「画期的」新薬、審査を半年に短縮 がんや認知症など、競争力強化 厚労省 »