« 心筋再生細胞製剤を製造するベンチャー企業設立 | トップページ | 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発 »

2015年4月12日 (日)

リン酸化プルランを用いた世界初の多目的接着性人工骨を開発するベンチャー企業設立

平成27年4月8日
科学技術振興機構(JST)
日本医療研究開発機構(AMED)
北海道大学
岡山大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
ポイント
 
〇骨や歯などの生体硬組織に強固に接着
 する多糖誘導体リン酸化プルランを
 主成分とする新しい人工骨の開発に
 成功し、これを実用化する
 ベンチャー企業を設立した。
 
〇開発した人工骨は、高い接着力、
 圧縮強度の最適化、生体吸収性・
 骨置換速度の最適化を実現し、
 歯科領域以外に外科領域
 (整形外科や脳外科)への応用も
 期待できる。
---------------------------------------
 
 良いですね。応援したい。

|

« 心筋再生細胞製剤を製造するベンチャー企業設立 | トップページ | 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61427506

この記事へのトラックバック一覧です: リン酸化プルランを用いた世界初の多目的接着性人工骨を開発するベンチャー企業設立:

« 心筋再生細胞製剤を製造するベンチャー企業設立 | トップページ | 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発 »