« 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発 | トップページ | 28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす »

2015年4月13日 (月)

福島)県農民連会長、原発事故後の苦悩語る 国際シンポ

2015年4月13日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 東京電力福島第一原発事故の
「風評被害」について県農民連の根本敬
(さとし)会長は
 
「風評とは根も葉もないことをいう。
 
 我々の農作物は根にも葉にも
放射性物質を付けられた。
 
 実害だ」とし、「加害責任をあいまい
にする用語の使われ方」を批判した。
 
 海外ゲストらに原発事故による
農業被災を説明する中で根本氏は、
 
「国の基準値を少しでも下回れば安全
ですって売っていいのか。
 
 それ以下なら風評被害だというのは
消費者を敵に回す行為では?」
 
という農民の悩みを伝えた。
---------------------------------------
 
 そうですね。実害です。
 
 そもそも安全基準が極めて曖昧。
 曖昧なのに安全だと言う。
 
>風評とは根も葉もないことをいう。
 
>我々の農作物は根にも葉にも
>放射性物質を付けられた。
 
>実害だ
 
 その通りだと思う。
 
 安全かどうかは国民が判断する。
 
 正しく判断出来ていないとすれば、
国の姿勢が、情報の出し方が悪いの
だと思う。
 
 国民は単純に安全を求めているだけ。
 
 国の曖昧さが原因。と思う。
 
 大体1mシーベルト/年が安全とする
基準すら曖昧に運用している。
 
 安全って一体どの位なの?
 
 私は5mシーベルト/年位で安全だと
思っています。
 
 がんの方が恐ろしい。3人に一人が
「がん」になる。
 放射線以前に全国規模での実態ですよ。
 放射線レベルは遙かに低い。
 
 なのに、放射線が、放射線がと騒ぐ、
私には理解出来ない。
 
 でも、考え方は上記が正しい。と思う。

|

« 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発 | トップページ | 28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/61432873

この記事へのトラックバック一覧です: 福島)県農民連会長、原発事故後の苦悩語る 国際シンポ:

« 移植用細胞から腫瘍を引き起こすヒトiPS/ES細胞を除く技術を開発 | トップページ | 28億人の水不足 日本の光、低コスト浄化で照らす »